アクア辞典
TOP > アクア辞典
体はちょっとしたことで効果を感じられたり、改善できたりします。

2023.10.12 足関節捻挫の治療とリハビリテーション 錦糸町アクア鍼灸整骨院

2

足関節捻挫の治療とリハビリテーションについて、詳細な情報を提供します。

受傷原因

足関節捻挫は、足関節が内反方向に過度にひねられることによって発生します。足関節の外側に位置する前距腓靭帯、踵腓靭帯、腓骨筋、二分靭帯などの外側の靭帯や軟部組織が過度のストレスに耐え切れずに損傷します。足関節捻挫の主な原因は、サッカーやバレーボール、バスケットボールなどのスポーツでの急激な動きや他の選手との接触です。一度足関節捻挫を経験すると、足関節の可動性が低下し、周囲の筋力やバランス能力も低下しやすく、再捻挫のリスクが高まります。

診断

足関節捻挫の診断には、症状の評価、痛みの評価、受傷時の状況、スポーツ活動に関する情報などが使用されます。さらに、関節の不安定性の評価、骨折や靭帯の損傷の有無を確認するために、各種ストレステスト、X線、MRI、エコーなどの画像検査が行われます。重症度は通常以下のように分類されます:

  • Ⅰ度(軽度):前距腓靭帯の部分損傷
  • Ⅱ度(中等度):前距腓靭帯の完全損傷
  • Ⅲ度(重度):前距腓靭帯と踵腓靭帯の完全損傷

治療

足関節捻挫の治療は、受傷後のさまざまな段階にわたります。

急性期(受傷後数日)

急性期では腫れの軽減が主要な目標です。これを達成するためにPRICE処置(Protect、Rest、Icing、Compression、Elevation)が行われます。

  • Protect(保護): 患部を固定して再度の捻挫や負荷を軽減します。これはギプスや装具によって行われることがあります。

  • Rest(休養): 激しい運動を避け、血流が増加して腫れが悪化するのを防ぎます。急性期の最初の数日間は激しい活動を避けるべきです。

  • Icing(冷却): 冷却により血流を減少させ、腫れを軽減します。

  • Compression(圧迫): 適度な圧迫を加えることで腫れを軽減します。包帯などが使用されます。

  • Elevation(挙上): 患部が心臓よりも高い位置にあると、腫れが減少しやすいため、患部を挙上することが重要です。

また、マイクロカレント療法(MC)などの治療法が使用され、受傷後の組織修復を促進します。

回復期

回復期では、足関節の正常な運動、筋力、可動域の回復が主要な焦点です。多くの患者は痛みが消失した段階で、足関節の機能不全を無視して競技に戻ることがあります。しかし、この段階での機能不全は再捻挫のリスクを高め、慢性的な足関節不安定性につながる可能性があるため、適切なリハビリテーションが必要です。

リハビリテーションには次の要素が含まれます:

  • 関節可動域の運動
  • バランス能力と筋協調性の向上
  • 不良動作の改善
  • 競技動作のトレーニング

早期にスポーツ競技に復帰するためのポイント

  • 急性期の適切なPRICE処置が重要
  • 足関節可動域制限を最小限に抑える
  • 足関節周囲の筋力を早期に回復させる

足関節捻挫を受傷した後、または後遺症に悩む場合は、専門医に早めに相談することが大切です。この怪我は軽視せず、適切な治療とリハビリテーションを受けることが再発を予防し、将来的な合併症を防ぐ鍵となります。

 

カテゴリ一覧

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

最近のブログ記事

月間アーカイブ