アクア辞典
TOP > アクア辞典
体はちょっとしたことで効果を感じられたり、改善できたりします。

2015.08.04 痛みとは

外部からの物理的な刺激(侵害刺激)や生体内で生じた物質による化学的な刺激を、侵害受容器が感知して電気的なシグナルに変換し、大脳の中心後回が痛みとして認識した結果として生じる感覚であり、痛みは末梢神経系で発生するが、痛みとして認識するのは脳である。

関節を構成するもの(骨・筋・靭帯など)がある

転んだ際にぶつける・ひねる、姿勢が悪いために負担がかかる

関節を痛める

発痛物質(セロトニン・ブラジキニン・プラスタグランジン・ヒスタミン)が出る

神経が脳に痛めたことを伝え痛みと認識する。