アクア辞典
TOP > アクア辞典
体はちょっとしたことで効果を感じられたり、改善できたりします。

2015.12.29 必読!!怪我をしないカラダ作り!!野球編⑥

皆様はご自身の身体の状態を把握していますか!?

 

無題

 

 

こんにちは!!

東京都墨田区太平の錦糸町エリアにあります、アクア鍼灸整骨院の柔道整復師、長島です!(^^)!

 

今回も怪我をしないカラダ作り!!野球編を発信致します。

野球編では「野球肘」「野球肩」に注目をしております。

 

野球をしている上で、投球する事は必須であり、野球肩、野球肘が起こるリスクは常にあります。

そのリスクを減らす為には日頃の意識(選手自身、家族、指導者)がとても重要であると考えております。

 

野球肘、野球肩にならないためには

①下半身の柔軟性を作ること(特に股関節!!)

②各関節の動きをよくすること 

③肩関節の内側への動きの悪さをとること 

④関節弛緩性(関節が緩すぎる方)がある方はトレーニングを行う。 

⑤5年以上野球歴がある選手 

⑥投球数が多いポジションである(特にピッチャー、キャッチャー)

 

  1. ①~⑥の項目が複数関与している選手の野球肘、野球肩になるリスクが高いといえる。

 

肩・肘の負担を減らす為には①~④を改善し、⑤~⑥の選手には要注意が必要であると言えます。

アクア鍼灸整骨院ではプロ選手からアマ選手、学生の方々の多くの方にご来院頂いており、

①~⑥の確認や治療を行っております。

 

 

お悩みの方は是非ご相談下さい♪

当院は全てのstaffが国家資格を保有しており、トレーナー現場にも行かせて頂いておりますので、

ご安心下さい^_^

 

また次回をお楽しみにしていて下さい!!

 

imagesRE9PPGBZ

 

 

2015.11.20 怪我をしないカラダ作り! 野球編⑤

今回は怪我をしないカラダ作り! 野球編⑤をお送りいたします♪

 

野球のポジションや競技歴によって怪我をしやすい??

 

野球をやっている高校生・中学生・小学生にアンケートを取らせて頂いた内容をお伝えします。

 

【野球歴やポジションによっての問題点】     

 

肩や肘に痛みがある選手の中で、5年以上の野球歴がある選手は、肩や肘に痛みがある選手は86.4%となり、

4年以下の野球歴は13.4%という結果になった。野球歴が長くなるにつれ投球障害(肩や肘の痛み)のリスクが高くなることがわかります。

 

 

肩や肘に痛みがある選手でポジション別で見てみると、

1位ピッチャー49.2%

2位キャッチャー8.2%

3位内野手 23.0%

 

ピッチャーが50%近くの数値が現れることがわかります。

 

野球歴が5年以上で投げる数が多いポジション投手や捕手では

投球障害(肩や肘の痛み)がでやすいことがわかります。

 

野球歴5年以上、投球する数が多いポジションの選手はご注意ください。

 

今後、ご自身で出来るセルフケアを発信していきますので

お楽しみにしていて下さい♪

 

images80SRLFJ1

 

2015.11.14 怪我をしないカラダ作り! 野球編④

今回は「怪我をしないカラダ作り」 野球編④です。

 

怪我をしないカラダを作るには早期の確認が必要!!

 

野球のメディカルチェックでは、

「投球障害テスト11項目」という病院でも、スポーツの現場で使用されているテストがあります。

投球障害テスト11項目中のうち8項目以上が問題なければ、投球障害を起こすリスクが少ないと考えれます。

 

このテストを行う事で、事前に障害を防げることや、重症化することを防ぐことが出来ます。

特に成長期の選手は骨の形成も未熟で、骨に負担がかかることが多く、

重症化することが多いです。

 

最初の兆候は

肩肘の張り感や疲労感→肩肘の違和感→肩肘の軽い痛み→肩肘の強い痛み

に変化して行きますので、

投球をしていて少しでも違和感があればご相談下さい。

 

当院では、状態をチェックさせて頂き、病院での確認が必要なものは、提携している病院にご紹介させて頂きますので

ご安心下さい。

 

 

今後、家で出来る確認方法も記載していく予定ですので、

楽しみにして入てください♪

 

DSCF4593

2015.11.11 怪我をしないカラダ作り! 野球編③

今回も前回に引き続き、「怪我をしないカラダ作り」 野球編③です。

アクア鍼灸整骨院では、スポーツ障害予防に力を入れており、スポーツをやられている学生や社会人の方も多く来院され悩みを解決されています。

 

シリーズ編で野球に特化して発信しております。

中学生硬式野球ボーイズリーグに行いました,投球障害メディカルチェックの内容をお伝え致します。

肩の可動域確認テストの結果↓

 

肩関節内旋制限(内側に捻る動き)は

・肩肘に痛みがある選手(88.5%

・肩肘に痛みが無い選手  (88.9%)と

痛みがある無しに関係なく、高い数値が出ました。

 

他論文、や研究においても肩関節内旋制限(内側に捻る動き)が投球障害に繋がる事が注目されていますが、

今回のメディカルチェックにおいても、痛みが出現していなくても、今後、痛みが出現する可能性があることがわかりました。

 

肩関節内旋制限(内側に捻る動き)に関しては、痛みが出現していなくても、処置する事が重要です。

 

アクア鍼灸整骨院では、メディカルチェックも行っていますので、不安な方は一度ご相談下さい。

早期に確認することで将来の大きなケガは防げます!!

 

ではまた次回をお楽しみにして下さい♪

 

images

2015.10.23 怪我をしないカラダ作り! 野球編②

今回は前回に引き続き、「怪我をしないカラダ作り」 野球編②です。

アクア鍼灸整骨院では、スポーツ障害予防に力を入れており、スポーツをやられている学生や社会人の方も多く来院され悩みを解決されています。

 

その中でも今回のシリーズは野球に特化して発信しております。

中学生硬式野球ボーイズリーグに行いました,投球障害メディカルチェックの内容をお伝え致します。

肘の可動域確認テストの結果↓

 

【肩や肘に痛みがある選手】のうち

A、肘の曲げ伸ばしに制限がある選手 68.9%

B、腕の回旋に制限がある選手 21.3%

AとBを合わせて90.2%とすごく高い数値になりました。

 

逆に

【肩や肘に痛みがない選手】は

C、肘の曲げ伸ばしに制限がある選手 44.4%

D、腕の回旋に制限がある選手 16.7%

CとDを合わせて61.1%   と痛みがある、ないで数値の開きがありました。

しかし、痛みがない選手でも61.1%と今後痛みが出る可能性がある事も懸念しております。

 

早期にカラダを確認することで、今後重症化(変形性関節症、関節ネズミ、離断性骨軟骨炎)する可能性が低くなります。

アクア鍼灸整骨院では、早期発見し、重症化を防ぐために病院と連携をしております。

お気軽にご相談下さい。

次回の野球編は肩について発信して行きます。お楽しみに♪

 

 

dr

 

【プロフィール】

医療法人梅澤会 梅沢医院 整形外科
医学博士/日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 リウマチ医
日本体育協会公認スポーツドクター
新潟県スキー連盟 教育本部アドバイザー
全日本スキー連盟 公認パトロール 第38期
日本健康医療専門学校 講師(整形外科)

梅澤塾 塾長

【アクア整骨院の推薦】

アクア整骨院の先生方は私が講師を務めている専門学校の卒業生の先生も多く在籍し、定期的に開催している梅澤塾セミナー(整形外科)にも受講され、いつも真剣に患者さんが良くなるためにはどうしたら良いかを考えている先生ばかりです。

当院(梅澤医院)とも提携しており、患者さんの為に病院と治療院で役割分担をしておりますので、ご安心して通院下さい。

【院紹介】
梅澤医院 http://www.umezawa-iin.com/
住所 東京都台東区千束2-20-2
診療科目
内科、循環器科、胃腸科、腎臓内科、小児科、整形外科、リハビリテーション科
受付時間
9:00~13:00 14:30~17:30

2015.10.15 怪我をしないカラダ作り! 野球編①

アクア整骨院では中学校や高校の野球部の方から
プロ野球選手まで多くの野球関係の方からの来院やトレーナー業務を行っております。

「野球選手の体の悩みベスト3」

一位 肩痛
二位 肘痛
三位 腰痛

私(長島)自信もプロ野球選手のトレーナーの経験があり、
野球をやっている方は小学生からプロまで治療してきましたが皆さん平均してこ
ういったお悩みをお持ちです。

実は、上位に入っている症状は普段の練習にちょっとした
トレーニングなどを取り入れるだけで軽減されたり、改善したりすることが
できます!

今日はなぜ肩や肘に痛みが出るのか?お話しをさせて頂きますね。

以前に中学生硬式野球ボーイズリーグに行いました,投球障害メディカルチェックの内容をお伝え致します。

まずすべての選手に下半身の柔軟性テスト(tightness test)を行いました。※(無回答者や該当外9名)

 

その結果、

A、肩や肘が痛い選手(84名中61名)

①SLR(太ももウラの硬さ) 57.4%

②股関節内旋制限 (股関節の動きの悪さ)44.3%

③HBD (太もも前の硬さ)52.5%

 と高い数値を示しました。

 

B、肩や肘が痛くない選手(84名中14名)

①SLR (太ももウラの硬さ)55.6%

②股関節内旋制限(股関節の動きの悪さ) 22.2%

③HBD(太もも前の硬さ) 44.4%

 

A、Bとを比較すると、股関節の内旋制限(股関節の動き)の値が22%で差が著明に出ていることがわかります。

野球で投球する際に肩の外旋及び挙上は股関節の内転、内旋で起こるメカニズムがある事から、股関節内旋制限があると障害(肩や肘に痛み)が起こりやすいと言えます。

肩や肘だけの治療では治りにくいということがわかりますね。

アクア鍼灸整骨院では肩や肘痛治療はもちろん、今後パフォーマンスを向上させるためのトレーニング方法もお教えいたします。
壊れないカラダずくりを一緒にしませんか?

次回は二位の肘についてのお話です。
来週にはアップ致しますので、お楽しみにしていて下さい♪

 

 

 

 

集合写真