捻挫・打撲・スポーツ外傷でお悩みの方

捻挫・スポーツ外傷の原因を根本改善する

つまづいて足首を捻ったり、転倒により打撲してしまう、スポーツをしていれば肉離れなどの突発的な怪我はつきものです。
ただ運が悪くて起きてしまった…という事もありますが、筋力・筋持久力・柔軟性・反応反射の能力がもっとあったならば防げるケガもたくさんあります。
ケガに対する処置はもちろん、なぜそのケガが発生してしまったのかも探りながら身体を診させて頂きます。

こんな症状があったら要注意

  • 平らな地面でもよくつまづく
  • 階段の昇り降りで脚、膝がつらい
  • スポーツをしていて競技力を上げたい
  • 段差のくぼみに足を取られ足首が痛い
  • 腹転倒してをついて手首が痛い
  • ジャンプの着地で脚が痛い
  • ランニング中に足、膝が痛い

TREATMENT

施術内容

プロも愛用する治療機具を使用

プロも愛用する治療機具を使用

ケガの直後にはマイクロカレントという最新医療機器を使い、患部の炎症を抑え、治癒促進を促します。
同時に関節の可動域の確認、筋肉の柔軟性を評価し、受傷直後から予防のアプローチを提案をさせて頂きます。

再発させない指導

再発させない指導

最新の医学ではケガをした部位の炎症や組織の損傷が落ち着いたところで積極的に運動をすることが重要だと言われています。ただ、やみくもに動かすことはケガを再発させてしまう可能性があるので専門的な知識のもと、運動をすることが重要となります。

2次障害に要注意
捻挫や打撲だと勘違いして骨折を放置してしまうことがあります。
放置された骨折は、周りの関節とともに拘縮してしまい、自由な動きが損なわれてしまいます。
反対に骨折した骨がいつまで経っても癒合できずに偽関節となり、いつまでも痛みが取れない状態となってしまいます。
安静にしていればと思い込んでしまい筋肉の損傷後に筋肉が過度に固まって手術の適応になる事もあります。ケガをした際は軽視せずに、なるべく早く専門家に見て頂く必要があります。

RECOMMENDATION

整形外科医も認める整骨院

医師からの推薦
梅澤医院
梅澤 香貴(うめざわ こうき)
アクア整骨院の先生方は私が講師を務めている専門学校の卒業生の先生も多く在籍し、定期的に開催している梅澤塾セミナー(整形外科)にも受講され、いつも真剣に患者さんが良くなるためにはどうしたら良いかを考えている先生ばかりです。当院(梅澤医院)とも提携しており、患者さんの為に病院と治療院で役割分担をしておりますので、ご安心して通院下さい。
梅澤 香貴
  • PROFILE
  • 医療法人梅澤会 梅沢医院 整形外科
  • 医学博士/日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 リウマチ医・日本体育協会公認スポーツドクター
  • 新潟県スキー連盟 教育本部アドバイザー
  • 全日本スキー連盟 公認パトロール 第38期
  • 日本健康医療専門学校 講師(整形外科)・梅澤塾 塾長

VOICE

体験者の声

30代 女性

30代 女性

感謝で一杯です。

趣味の和太鼓で肘と手首を痛めては治りを繰り返していていたのですが、根本的に何かを変えないと続けられなくなると思っていたところ、インターネットでアクア鍼灸整骨院を見つけました。
当初痛みが強かったので、治療は患部のみかと思っていたのですが、カラダ全体のチェックから始まり、どうして患部に痛みが出たのかを探る事からスタートしました。
そして何度か通院し、施術が進むにつれてカラダの使い方に無理があった事に気付かされ、ウィークポイントも明確になり、無理が掛からないようなカラダの動きを模索するようになりました。
まだ試行錯誤の途中ですが、痛みも軽減し、大好きな和太鼓も楽しく長く続けられそうです。感謝で一杯です。

50代 女性

50代 女性

バスケをやっていた時に怪我

娘がバスケをやっていた時に怪我をして、知り合いにいい整骨院があるときき、通い始めたのが5年程前になります。
ことある事にこちらで治療させて頂きました。
最近は息子達も成長痛や寝違え等でお世話なっていて、ほぼ毎日のように通っています。
先生方はとても気さくで、人見知りの息子も自分から話をするようになりました。

あなたのお悩みはなんですか?
症状に合わせて最適な治療法をご提案します。

BLOG

ブログ

CALENDAR

営業日

  • 営業日カレンダー